デリケートゾーン専用石鹸は、においに悩むあなたにおすすめです

デリケートゾーンのにおいが気になるあなたは、なかなか人生が楽しめないのではないでしょうか。

デリケートゾーンはトラブルを起こしやすいものです。
におい、黒ずみ、かゆみ、おりもの、かぶれやすい、ムレなど、悩んでいる女性はたくさんいます。

そんな中でも、特ににおいは他人にも気づかれてしまう可能性があるため、デリケートゾーンの悩みの中でも最大ではないでしょうか。

洗いすぎ

お風呂に入った時に一緒にボディーソープや石鹸で洗っているかもしれませんね。
でも、気になるからこそしっかり洗浄しているのであれば、すぐに辞めることをオススメします。

洗浄のしすぎはデリケートゾーンのにおいの原因で一番多いようです。

そもそもデリケートゾーンは分泌物が多く、汚れや古い角質がたまりやすい構造になっています。
こうした汚れや古い角質を養分に雑菌が繁殖するのですが、そのときに排出される老廃物がデリケートゾーンの気になるにおいになっています。

また、デリケートゾーンは生理中のナプキンなどで高温・多湿になりやすいので、それも雑菌の繁殖しやすい環境になっています。

こうした雑菌や老廃物は、たしかに洗うことで綺麗になります。
洗ってすぐは、においがしなくなりますよね。

でも、雑菌や老廃物をいくら洗い流しても一時的な対処法に過ぎません。
つねに分泌物は排出されているし、時間が経てば雑菌も繁殖してくるからです。

だからといって、普通のボディソープや石鹸、殺菌成分の入った洗浄剤を使うことはおすすめできません。

なぜかというと、デリケートゾーンの肌はとても繊細だからです。

肌が荒れたり乾燥したりする

普通のボディソープや石鹸、殺菌成分の入った洗浄剤は、洗浄の力だけ見ればとてもいいものだと思いますが、さまざまな添加物が配合されている場合が多く、デリケートゾーンの肌が荒れる可能性や、肌の潤いが奪われてしまう可能性などがとても高いのです。

場合によってはこうしたことで、かゆみが発生するかもしれません。

また、普通のボディソープや石鹸、殺菌成分の入った洗浄剤を使わなければいいかと言うとそうでもなくて、手やスポンジなどでゴシゴシこすると、やはり肌が荒れてしまいます。

それは、デリケートゾーンはまぶたよりも皮膚が薄く、ちょっとした刺激でも荒れてしまうからです。

デリケートゾーンのにおいに悩むあなたのこうした悪循環を断ち切るために、デリケートゾーン専用石鹸をおすすめします。

デリケートゾーン専用石鹸で市販されている中でもオススメはこれ

デリケートゾーン専用石鹸は、肌に優しいことがポイントです。

また、天然由来成分を多く含む商品がほとんどでデリケートゾーンのにおいに悩むあなたには最適な解決方法だと思います。

デリケートゾーン専用石鹸

今のところ、一番有名なのはジャムウソープがあります。
ジャムウとはジャワ語で「植物などから作られた薬」という意味で、ハーブや植物の実や葉などを調合したものです。

インドネシアを中心に古くから伝承されているもので、これをデリケートゾーン専用石鹸に配合したものですので、効果が高いようです。

ただ、ハーブなど天然由来の成分を多く含むジャムウソープですが、原料となるものの品質などはあまり明らかにされていません。
農薬をたくさん使ったものなのか、オーガニックなのか、オーガニックであればどのくらい成分として配合されているのかなど明記されていないんです。

それから美容成分などを配合しているものも多く、そうした美容成分は天然由来ではない場合もあります。

せっかくデリケートゾーン用石鹸を使うのであれば、肌に優しい安心できるオーガニックだけの石鹸にしたいですよね。

そんなあなたにおすすめなのが、アンボーテ。

アンボーテは、日本ではじめて有機認証COSMOSの基準を満たしたデリケートゾーン専用ソープです。

ハーブ

COSMOSとはオーガニック先進地域であるヨーロッパで作られたオーガニックコスメの統一基準のことです。
95%以上がオーガニック成分であること、製造が環境に配慮されている、容器がリサイクルできるなど厳格な基準が設けられています。

そうした厳格な基準をクリアしたデリケートゾーン専用石鹸が『アンボーテ』なのです。

適度な洗浄はもちろん、最大の特徴は保湿

アンボーテは、保湿する、整える、守る、香るというテーマで、それに合う花やハーブを配合しています。

デリケートゾーン専用ソープ アンボーテの主要成分ダマスクローズ

一番多く使われているのが、ダマスクローズ。
バラの中でも高品質で知られるブルガリア産のダマスクローズからとれたローズ水をふんだんに使っています。

美容液としても使われるダマスクローズは、成分を角質層に届けるビタミンCも豊富に含まれているので、優雅な香りとともにデリケートな肌にうるおいをしっかり届けてくれます。

他にも美肌のハーブティーとして有名なローズヒップ、浄化やにおい消しに使われるセージなど、デリケートゾーンを清潔にし、肌の潤いを取り戻し、悩みを解消してくれる花やハーブ達がふんだんに使われています。

» アンボーテの成分を見る

アンボーテは、デリケートゾーンだけではなく足やワキなどにおいが気になる部分にも使えますし、ボディーソープとして使うこともできます。

オーガニックの美容成分たっぷりのソープなので、全身ツルスベ肌になる上にシトラスとローズの香りが漂う愛されボディになっちゃいます。

また、ボトルの形やラベルもこだわって作られているので、デリケートゾーン専用石鹸とは見た目ではわかりません。
浴室に置きっぱなしでも安心です。

アンボーテをプロデュースした住谷杏奈さんは2人の子供の母親。
開発にあたって、デリケートゾーンや子供さんを普通のボディーソープで洗う人が多いことに驚いていたそうです。

通常のボディーソープには石油系の成分が多く配合されているため、かゆみやかぶれなどの肌トラブルの原因になっています。
なので、安心して子供にもデリケートゾーンにも使えるオーガニックな石鹸を作りたかったそうです。

今なら33%オフという特別価格で申し込むことができます。

ぜひ一度試してみてください。

» デリケートゾーン専用石鹸アンボーテを見に行く

デリケートゾーンのにおい対策であわせて使いたいのがコレ

デリケートゾーン専用石鹸を使っていても、生理中は何かとにおいやムレが気になりますよね。

最近の紙ナプキンは、通気性が良くなってきたとは言え、ムレないわけではないし、肌触りがあまり良くありません。

肌触りに関しては最近良い商品も多くなってきていますが、素材が石油系の化学繊維であるかぎりやっぱり肌荒れやかぶれなどの肌トラブルにつながってしまいます。

また、吸水のために使われている高吸収ポリマーは石油系のプラスチックであり、モレ対策に防水シートを使っているため通気性が悪く、ムレやにおいが発生しやすいのです。

また吸水したあとの高吸収ポリマーは冷たく、カラダの冷えの要因になりかねません。
このカラダの冷えは、さまざまな体調不良の原因になったり、不妊の原因になる場合もあります。

手軽だけど、実はデメリットも多い紙ナプキンから布ナプキンに変えてみませんか?

今回おすすめする布ナプキンは、オーガニックコットン100%なのに紙ナプキンと同じ安心感を実現したLINTEN(リンテン)。

オーガニックコットン100%なのに紙ナプキンと同じ安心感

布ナプキンで一番気になるのが吸水性能。
使うとモレたりしないのか心配になりますよね。

LINTEN(リンテン)は、天然由来の吸水加工を施したパイルが使われていて、しっかり吸水するのにムレません。

モレ防止には、世界初の形態安定機能を備えた超撥水加工を施すことで、モレないけどムレないというスゴイ布ナプキンです。

しかも薄くて肌触りが良く、使い方は紙ナプキンと同じ。
洗い方も簡単です。

LINTEN(リンテン)はフェアトレードで仕入れたオーガニックコットンを青森の工場で働く女性達がひとつひとつ手作業で作っています。

デリケートゾーンのにおいはもちろん、かゆみ、ムレ、かぶれが気になるならぜひ使ってみてください。

» オーガニックコットン100%の布ナプキンを見に行く

デリケートゾーン用だからこそ、肌に優しい本物のオーガニックを

カラダの中でも特に肌が弱く繊細なデリケートゾーンだからこそ、石鹸にもナプキンにもこだわることをおすすめします。

石油系の原料が多く出まわる中、本物のオーガニックな製品に出会えることは稀です。
肌やカラダに優しく安心できるデリケートゾーン専用石鹸アンボーテとオーガニックコットン100%の布ナプキンLINTEN(リンテン)は、本当におすすめです。

デリケートゾーンのにおいで悩んでいるあなたが笑顔になれますように。

上に戻る